天気予報

10

1

みん経トピックス

石巻に介護人材育成塾石ノ森萬画館で「つづく展」

東松島で「ちぢみほうれん草」の魅力発見イベント

東松島で「ちぢみほうれん草」の魅力発見イベント

ちぢみほうれん草を使った料理を食べる参加者たち

写真を拡大 地図を拡大

 「テイスティ伊藤」(東松島市赤井)で2月21日、「第7回食人と職人のつどい『東松島市のちぢみほうれん草を味わおう!』」が行われた。

 農家などの一次生産者と、料理人、食べる人、関わる人の交流創出を目的に始まった同イベント。

 毎月、食材と料理人を変えてコラボし、知っているようで知らない地域食材を知る機会を提供する。今回は、東松島市矢本地区特産のちぢみほうれん草を「ISOLA」(蛇田字閘門16)のオーナーシェフ渡邉篤史さんが調理した。

 当日は、市内外をはじめ、遠くは徳島県から約20人が集まり、ちぢみほうれん草を使ったスープ、前菜、デザートなどの4品を試食した。

「テイスティ伊藤」の伊藤浩之社長は「生産者の下に地元の料理人をつれていった時に、驚く姿が印象に残り、当企画を始めようと思った。料理人の交流や、普段レストランなどで食べていてもなかなか感想を料理人に伝える機会がない、食べる人の声を届ける機会をつくりたかった。イベントを通じ、地域食材にあらためて目を向け、地元の豊かさを実感してほしい」と話す。

グローバルフォトニュース