天気予報

14

4

みん経トピックス

石巻復興丼第2弾は牛めし「牛角」石巻店が復活

地域の市民工房「石巻工房」がグッドデザイン賞受賞-ベスト100にも選出

地域の市民工房「石巻工房」がグッドデザイン賞受賞-ベスト100にも選出

グッドデザイン賞受賞に沸く石巻工房メンバー

写真を拡大 地図を拡大

 震災後の石巻で「地域のものづくりのための場」として開設された「石巻工房」(石巻市中央2、TEL 0225-25-4839)が2012年度のグッドデザイン賞(日本デザイン振興会)を受賞した。

 同工房は昨年5月、建築やプロダクトに関わるデザイナーを中心とした関係者によって設立され、地域の人たちが必要な生活用品の製作や修繕を、自身の手でできるようにするため、DIY工具の扱い方などを指導するものづくりの拠点。地域の商店主や子どもたちを対象に、ものづくりのワークショップを開くなど、まちの幅広い年齢層が集まるコミュニティーの場にもなっている。

 石巻からその地域圏外に向けて販売する木工家具や布製品などの「石巻工房ブランド商品」は、製作に関わる石巻や南三陸の人々の雇用を生み出し、石巻にこれまでなかった新しい小さな産業として地域活性の起爆材にもなっている。

 同賞審査委員は「つくり手と使い手の双方の顔が見えるあり方がそこにある。かつては全ての産業がそうだったのであろう。その原点に戻らざるを得なかった被災地が、いま私たちに産業のあり方、価値のあり方を問いかける。私たちは石巻工房に教えられている」と評価している。

 石巻市内の、その他の受賞作品として、都市づくり、地域づくり、コミュニティーづくり部門でまちづくりプラットホーム「ISHINOMAKI2.0」が、同プラットホームのプロジェクトの一つであるフリーペーパー「石巻VOICE」が公共領域のためのメディア部門で、それぞれ受賞。石巻工房とともに「BEST 100」に選出された。

グローバルフォトニュース