天気予報

24

17

みん経トピックス

石巻に新ポータルサイト石巻で子どもまちづくり報告

芸能人から集められた衣料品の通販サイト、石巻で立ち上げ

  • 0
芸能人から集められた衣料品の通販サイト、石巻で立ち上げ

パワクロ代表理事の三上和仁さんと出荷を待つ商品

写真を拡大 地図を拡大

 石巻で「服の力で被災地を支えていこう」とする古着のインターネット通販サイト「パワクロ」が12月10日、開設された。「パワクロ」は「Power of Closet(パワー・オブ・クロゼット)」の略。同サイトは市内に拠点を置く一般社団法人パワクロ(石巻市門脇町)が運営する。

 同法人は、下着通販サイト大手の「ピーチ・ジョン」を運営する野口美佳さんらが発起人となり今年9月に設立。さまざまな芸能人の知り合いを持つ野口さんが、芸能人が毎月沢山の服をもらったり買ったりしている一方で、大量に捨ててしまっていることに気付き、捨ててしまうならきちんと売ったほうがいいと考えたことがきっかけ。被災地の現状を取材しているジャーナリストの津田大介さんに声を掛け石巻で事務所を開設した。同法人の代表理事に宮城県出身でフリーのウェブディレクター、三上和仁さんが、理事にNPO法人「いしのまき環境ネット」の川村久美さんが就いた。三上さんは同市十三浜地区のワカメ漁師がネット通販できるようにサポートするなど、震災後の石巻で活動してきた。

 パワクロの商品は芸能人から寄付を受けた衣料品について、集荷から、クリーニング、値付け、発注まで石巻事務所で行う。現在300点の商品がサイトに登録され、約2000点の商品がこれまでに集められた。賛同している芸能人はGLAYのTERUさんやPUFFYの大貫亜美さんなど18人。

 今後の展開として、三上さんは「まずは自分たちの足元を固めていきたい。地元の主婦の方など4人を雇用しているが、事業が落ち着いてきたら人も増やしていきたい。服屋のネットサービスとして自立できるようにスピードとクオリティーを持って進めたい」と話す。

グローバルフォトニュース