天気予報

25

14

みん経トピックス

女川にトレーラーハウスの宿石巻各地で「どんと祭」

東北人魂を持つJリーガー、石巻で子どもたちとサッカー交流

  • 0
東北人魂を持つJリーガー、石巻で子どもたちとサッカー交流

黄金浜ちびっこ広場で子どもたちとサッカー交流をするJリーガーたち

写真を拡大 地図を拡大

 石巻・渡波の黄金浜ちびっこ広場(石巻市渡波黄金浜)で1月5日、「東北人魂サッカーフェスティバルin石巻」が開催された。

 主催した「石巻市復興を考える市民の会」を代表して藤田利彦さんが「石巻から日本代表を出そう。石巻にJ3のチームを作ろう」とあいさつ。東北出身のJリーガーたちとのサッカー交流会を行った。進行は元ベガルタ仙台の中田洋介さんが務めた。

 「東北人魂を持つJ選手の会」からは青森県出身の柴崎岳選手(鹿島アントラーズ)、岩手県出身の小笠原満男選手(鹿島アントラーズ・元日本代表)、藤村慶太選手(ベガルタ仙台)、秋田県出身の熊林親吾(ザスパ草津・元ベガルタ)、宮城県出身の今野泰幸選手(ガンバ大阪・日本代表)、丹野研太選手(大分トリニータ)、遠藤康(鹿島アントラーズ)、奥山泰裕選手(ガイナーレ鳥取)、大久保剛志(ソニー仙台・元ベガルタ)、越後雄太選手(ベガルタ仙台)の10選手が参加。湊サッカースポーツ少年団に所属する小学生・園児を中心に約60人の子どもたちと交流した。

 夏芝のため枯れていたとはいえ石巻では貴重な芝生のピッチ上でプロサッカー選手とサッカーができるとあり、子どもたちも大喜び。あまり広くないちびっこ広場が選手、子どもたち、保護者、関係者、取材陣などであふれた。

グローバルフォトニュース