天気予報

9

3

みん経トピックス

石巻にハイスタ恒岡章さん石巻経1位は「いまむら」

石巻・雄勝町でパン作りのワークショップ

  • 0
石巻・雄勝町でパン作りのワークショップ

パン作りワークショップの参加者と梶晶子さん

写真を拡大 地図を拡大

 石巻・雄勝町のオーリンクハウス(石巻市雄勝町)で6月20日と21日、「ハッピーデリプロジェクト」の梶晶子さんを講師に迎えたパン作りワークショップが行われた。主催は雄勝公民館。

 同被災地の地域住民と一緒に「フライパンで焼く天然酵母パンを一緒に作ることで笑顔を届けること」をコンセプトに活動している同プロジェクト。梶さんは「ポリ袋で作る天然酵母パン」の著者で、昨年4月より岩手、宮城でパン作りのワークショップを定期的に開いている。

 梶さんは「パンが焼き上がるころには参加者の表情がうれしそうに変化する。パン作りには人を癒やす効果があると思う。パン生地をこねる柔らかい感触が気持ちをほぐし、パン生地が発酵し膨らむ様子は育てているような感覚で、焼き上がりの香りはアロマ効果もあり五感に働きかける作用が感じられる。いろいろな方に体感していただいて、この活動を広めていきたい」と話す。

 今後はパンの作り手の養成講座も開き、2週間に1回3カ月にわたって講習を行う。将来的には受講者自身がパン教室を開けることを目標にしているという。

 当日は震災により雄勝町を離れてしまった人も数人参加し、久々に訪れた町の様子などを話しながら和気あいあいとレッスンを受けていた。「パンの形を作る作業はなんだか大福を作るのに似ている」「麹から酵母を作るのか?」など、いろいろな会話が飛び交い、フライパンで手軽に焼ける事に興味津々の様子。

 参加者は「仮設住宅に来る移動図書館車で梶先生の本を見つけ、狭い台所でも小さな子どもがいてもパンが作れる事を知り、震災後作る気力がなかったがこの本がきっかけでいろいろなものをつくるようになった。今回先生に出会えて本当にうれしい」と話していた。

 次回の雄勝町でのパン作り講座は8月を予定している。

グローバルフォトニュース