天気予報

19

13

みん経トピックス

石巻・牡鹿で星空鑑賞石巻の肉料理店が再出発

石巻の老舗陶器店「観慶丸本店」、装い新たに-クラフト関連の展示も

  • 0
石巻の老舗陶器店「観慶丸本店」、装い新たに-クラフト関連の展示も

洗練されたデザインにリニューアルされた観慶丸本店

写真を拡大 地図を拡大

 石巻市中央商店街アイトピア通りに位置する陶器店「観慶丸本店」が昨年12月にリニューアルオープンし、人気を博している。観慶丸は江戸時代の1848(嘉永元)年から続く老舗陶器店。川港として栄えた石巻の廻船(かいせん)業をルーツにもち、かつては石巻初の百貨店も経営していた。戦後は陶器店として一貫して営業している。

 落ち着いた雰囲気の店内には清水焼や有田焼、常滑焼といった伝統的な陶器から工芸品、丁寧にデザインされた工業生産品や生活雑貨までを取りそろえる。「これまでのお客さまの趣向を大事にしながら転換した。器を中心にして器の周辺にある品質の良いものを販売している」と店長の須田マサキさん。京都の和装ブランド「SOU・SOU」や富山の鋳物メーカー「能作」、「野田琺瑯(ほうろう)」の製品などを取り扱っている。

 売り場面積は80坪。内装デザインを担当した富永明日香建築設計事務所の富永さんは「商業的なイメージではなく、長く愛着が保(たも)てるような空間に設計した」と話す。リニューアルオープンに合わせて漆作家・鎌田克慈さんの漆器の展示会が開かれ、今後も店内ではクラフトに関連した展示会を定期的に行う予定。

 営業時間は10時~18時。火曜定休。

グローバルフォトニュース