天気予報

19

13

みん経トピックス

石巻に復興情報交流館開館石巻発こけし、全国へ

女川駅再建、石巻線全線開通-女川の「まちびらき」

  • 0
女川駅再建、石巻線全線開通-女川の「まちびらき」

世界的な建築家・坂茂さんが設計した新しい女川駅

写真を拡大 地図を拡大

 東日本大震災で被害を受けたJR石巻線(44.7キロメートル)の最後の1区間となる浦宿(うらしゅく)-女川間2.3キロが3月21日、再開した。新築された女川駅(女川町女川浜)も同日オープン。同駅再開を皮切りに「まちびらき」と銘打ち、女川町が新たな一歩を踏み出した。

 2011年3月の震災で駅や役場を含む女川町の中心部は高さ約15メートルの津波に襲われ、約9割の家屋が被害を受けた。以降、長年地域の人々の足として親しまれてきた町内唯一の鉄道路線である石巻線は全線不通となっていた。2011年4月には一部区間で運行を再開。2013年3月までには、宮城県美里町にある小牛田(こごた)から女川町の浦宿までの区間が再開された。今回の全線開通で1日に上下11本が運行される。

 駅と温泉温浴施設が合築された新駅舎は、高台にある仮設住宅も手掛けた建築家の坂茂さんが継続的に女川町の復興をサポートしたいと設計した。青い海と空に映えるその姿はウミネコが羽ばたく様子がイメージされており、港町女川の「まちびらき」を象徴するものとなった。駅舎は以前より約200メートル内陸側へ移動し、敷地も7メートルかさ上げされたところに建設された。

 翌22日には、駅舎の上部にある温泉温浴施設「ゆぽっぽ」が開業。合わせて、「女川町復幸祭2015」も開催された。2011年から形を変えて例年開催されてきた同イベントは今回、女川駅前の「海会場」と女川総合運動場第2多目的グラウンドの「山会場」の2会場で開催。人気グループ「ももいろクローバーZ」も出演し、町内はカラフルな応援グッズを身につけたファン「モノノフ」たちであふれた。

 今回の女川駅再開・石巻線全線開通を皮切りに、月末にはフューチャーセンター、来年にかけてはテナント型商店街や地域交流センターのオープンが予定されており、女川の復興に注目が集まっている。

グローバルフォトニュース