天気予報

24

15

みん経トピックス

ツール・ド・東北関連アプリ石巻中心部に複合施設

石巻・南三陸・気仙沼を舞台に「ツール・ド・東北2015」 3500人のサイクリスト走る

  • 0
石巻・南三陸・気仙沼を舞台に「ツール・ド・東北2015」 3500人のサイクリスト走る

気仙沼ワンウェイフォンドをスタートするライダーたち

写真を拡大 地図を拡大

 「ツール・ド・東北」が9月13日、開催された。主催は河北新報社とヤフー。

 2013年の初開催から今年で3回目を迎える同大会。この日は、全国から3478人のサイクリストたちが参加。エイドステーションには地元の料理が用意され、復興の進む沿岸部を駆け抜けた。

 今年から気仙沼からの片道コース「気仙沼ワンウェイフォンド」が新設され、気仙沼に宿泊し、地元料理などを楽しめることもできるようになったのが特長。気仙沼プラザホテル前では13日、オープニングセレモニーが開かれ、スペシャルゲストにキャロライン・ケネディ駐日米国大使や同大会広報大使を務めるモデルの道端カレンさんなどが登場。95キロメートルに及ぶ石巻までのコースを参加者たちと共に自転車で走った。

 コースはほかにも石巻専修大学を発着点とする気仙沼フォンド(全長211キロメートル)、南三陸フォンド(170キロメートル)、北上フォンド(100キロメートル)、女川・雄勝フォンド(60キロメートル)があり、石巻市内や南三陸町、女川町を気仙沼市の2町2市を含む全5コースを距離に応じて選択した。参加者たちは東日本大震災の犠牲者に対して黙とうをささげた後スタートし、ゴール地点の石巻専修大学を目指した。

 石巻専修大学を発着する4コースの参加者が立ち寄る女川エイドステーションは、昨年までと異なり、今年3月に移転・開業したJR石巻線の女川駅前広場に設置され、多くのライダーたちを出迎えた。初物のサンマを使ったつみれ汁が提供され、長蛇の列ができた。

 今年のテーマは昨年に引き続き「応援してたら、応援されてた」。沿道に詰めかけた地元住民の温かい声援に、ライダー手を振って応えた。3年目を迎えるにあたり、参加したサイクリストからは、「復興の様子がみえ感動した。また来年も参加したい」との声が聞かれた。ゴール地点の石巻専修大学では、東北各地から地元グルメを出品するブースが出そろい、完走したライダーや地域の住民たちでにぎわっていた。

グローバルフォトニュース