天気予報

31

23

みん経トピックス

石巻の小学校でアート展石巻と登米のカフェがコラボ

石巻・牡鹿エリアで「リボーン・アート・フェスティバル」 来夏開催へ

  • 0
石巻・牡鹿エリアで「リボーン・アート・フェスティバル」 来夏開催へ

Reborn-Art Festivalは2017年夏に開催される

写真を拡大 地図を拡大

 牡鹿半島・石巻市内中心部・松島湾を会場に2017年夏、「Reborn-Art Festival(リボーン・アート・フェスティバル) 2017」が開催される。主催は同フェス実行委員会と一般社団法人「APバンク」。

 「人が生きる術」を見つけるためのさまざまな試みを約50日間展開する同フェス。今年7月30~31日は、プレイベント「Reborn-Art Festival 2016 × ap bank fes 2016」を、雲雀野埠頭(ひばりのふとう)(石巻市雲雀野町2)で開く。出演はMr.Childrenボーカルの櫻井和寿さん、APバンク代表の小林武史さんらがメンバーの「Bank Band」などで、第一弾出演アーティストの発表は4月19日に予定されている。

 同フェスでは、さまざまなジャンルのアーティストが、石巻・牡鹿半島の自然を舞台に歴史文化を地元の人々と作り上げ、芸術・食・音楽を総合的に楽しむ企画を用意。国内外で活躍するアーティストやシェフが現在、参加に名乗りを上げている。

 企画構成や参加アーティストの選定などは、APバンク代表で音楽プロデューサーの小林武史さんが、思想家・人類学者の中沢新一さん、東京・青山のワタリウム美術館CEOの和多利浩一さん、同館長の和多利恵津子さんらで新たにクリエーティブディレクションユニットを組織し、展開していくという。参加アーティストにはヨーゼフ・ボイス、JR、金氏徹平などが予定されている。

 小林さんは「石巻と牡鹿半島で暮らす人々と、集まる人々、自然と文化、その場所の記憶と未来、若者と先輩方。多様性に富んださまざまな要素が混ざり合い、色んな循環が生まれ、未来へつながる力が生まれること。まだまだ道のりは始まったばかりだが、試み、たくらみつつ、化学反応を起こしていきたいと思っている」と意気込む。

グローバルフォトニュース