天気予報

17

8

みん経トピックス

石巻海産物店が再スタート石巻で教育シンポジウム

石巻・雄勝の「MORIUMIUS」に別館 交流人口増加で地域活性目指す

石巻・雄勝の「MORIUMIUS」に別館 交流人口増加で地域活性目指す

MORIMIUS annexの外観 設計は中村好文氏

地図を拡大

 「MORIUMIUS annex(モリウミアスアネックス)」(雄勝町桑浜)が1月14日、オープンした。同施設は、2015年夏にオープンの廃校を再利用した子ども向けの宿泊型体験施設「MORIUMIUS」の別館。

 世界中のこどもが自然と人から学ぶ場としてオープンした「MORIUMIUS」は交流人口を増やすことで地域活性化を促進させることを目指し、さまざまな体験の場や、ワークショップを提供することで、オープンから1年で2000人の子どもが石巻市をはじめ、県外、国外からも訪れた。

 しかしながら、同施設は子どものための施設とされているため、これまで施設を作る段階から一緒に作ってきたボランティアの人をはじめ、大人にも地域との交流を通し、まちに触れ、地域を知る体験をしてもらおうと別館となる「MORIUMIUS annex」をオープン。

 annexは木造 2 階建ての協働滞在宿泊施設。雄勝硯(すずり)を屋根と壁に施した特徴ある建物には 、4 人部屋 5 室、食事をはじめワークスペースやミーティングオフィスとしても利用可能なスタジオ、滞在する人が地元の食材で料理もできるキッチンを備える。また、自然エネルギーを取り入れ給湯や床暖房に利用し、滞在のあらゆる面でサステナブルな環境を体験できるようにしている。

 理事の油井元太郎さんは「moriumiusは5000人のボランティアの手を借りて造り上げられ、オープン1年で2000人の子どもたちに利用してもらった。今回のannexは大人用の施設として、週末は個人や友人と使ったり、平日などは企業研修や長期滞在で使ってもらったりすることで、これまでは子どもだけだったこの場を通しての交流人口の創出の機会を大人にも広げ、雄勝のまちを元気にする取り組みをより長く、より良くしていきたい」と話した。

 利用には予約が必要。1泊7,000円から。

グローバルフォトニュース