天気予報

14

14

みん経トピックス

雄勝の宿泊体験施設に別館石巻の旬の野菜料理を提供

石巻で教育シンポジウム 「地元教育の未来を考える」

  • 0

 石巻専修大学(石巻市南境新水戸1)で2月11日「地域と学校で連携して若者を育てよう!キャリア教育×アクティブラーニングで地元教育の未来を考える」と題した教育シンポジウムが開催される。

 主催は、石巻の教育・産業・地域づくりに携わる学校職員、NPO職員、街づくり会社などの有志による教育シンポジウム石巻実行委員会で、今回が初めての取り組みとなる。実行委員会は、それぞれの立場を超えた学校と地域の協働のあり方を考え話し合うことを目的に、シンポジウム以降も勉強会や意見交換会などを行って行く予定だという。

 シンポジウムは2部制で、第1部では一般社団法人キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会代表理事・中央教育審議会委員の生重幸恵さんなどをゲスト講師に迎え、キャリア教育の最新動向や事例を紹介するほか、石巻市や宮城県内で「実践されている地域の教育」の事例発表を宮城県東部地方振興事務所や石巻市立桜坂高校、石巻市や宮城県内の地域NPOなどが行う。

 第2部では「地域で、これからを担う若者を育てるためには」をテーマに参加者全員でグループワークを行う。終了後には懇親会も予定。

 実行委員会の斉藤誠太郎さんは「初めての取り組みで当日が楽しみ。堅苦しい話や理想論だけを語るのではなく、参加者皆で楽しく石巻や宮城のこれからの教育について話し合いたい」と話す。

 開催時間は13時~17時30分。参加費(資料代含む)は、一般=1,000円、学生=500円。フェイスブックページとFAXで申し込みを受け付けている。締め切りは2月4日。

グローバルフォトニュース