天気予報

14

14

みん経トピックス

石巻で観光推進セミナー石巻の復興支援団体が移転

石巻・カフェ併設の雑貨店、2年の営業を経て閉店

  • 0
石巻・カフェ併設の雑貨店、2年の営業を経て閉店

多くの客でにぎわう高見の店内

地図を拡大

牡鹿半島・蛤浜の「cafeはまぐり堂」(石巻市桃浦字蛤浜)併設のセレクトショップ「はまぐり堂高見」が3月26日、約2年間の営業を終えた。

 2015年4月にオープンした同店。店内では地域内の作家によるアクセサリーや雑貨や食器などの作品を展示販売し、カフェにも古道具を並べ、石巻の魅力を訪れる客に作品を通して伝えてきた。

 店内奥にあるギャラリーでは東北芸術工科大学の学生たちによる展示や石巻、大崎のアーティストの作品の展示も定期的に行われ、地域資源の発掘と交流、表現の場としても多くの人が訪れる場となっていた。今後は、滞在施設としてのリニューアルを目指し、浜の魅力を伝える新たな場をつくることを目指すという。

 オーナーの亀山貴一さんは「2年間いろいろなお客さんとの出会いがあった。今後は、当初の計画でもあった滞在場所を完成させていきたい。大型連休期間中や、7月から石巻で開催される『リボーンアート・フェスティバル』の際には、期間限定でオープンすることも考えている」と話す。「直接の販売の機会は限られるが、まちなかには石巻の魅力を伝える商品を提供する店がさらに増えつつあるので、カフェやアクティビティーで蛤浜に訪れた人をそちらに案内する役割を今後は担っていきたい」とも。

グローバルフォトニュース