天気予報

7

-2

みん経トピックス

仮設商店街に巨大こいのぼり牝鹿半島で「復興祭」

石巻市役所に食堂「いしのまキッチン」-地元に雇用創出

  • 0
石巻市役所に食堂「いしのまキッチン」-地元に雇用創出

石巻市役所1階にプレオープンした「いしのまキッチン」

写真を拡大 地図を拡大

 石巻市役所1階にコミュニティーレストラン「いしのまキッチン」がプレオープンして約1カ月がたった。プレオープン日は4月7日。

 同店は、被災した人々の雇用を生み出そうと、震災前石巻周辺で飲食店や商店を営んでいた人々が中心となって運営している。

 運営をサポートする「ぐるぐる応援団」(渡波町3)は昨年、仮設住宅の集会所で「団地ごはん」という取り組みを行っていた。「団地ごはん」は仮設住宅に入居する地域住民が集まって料理を作り、振る舞い、食べることで仮設団地内での住人同士のつながりを生み出し、時には国内外から訪れるボランティアに料理を振る舞っていた。支援を受ける側からもてなす側に変わることで仮設住宅の住民たちの生活に張り合いが生まれた。

 同店は「団地ごはん」から発展したもので、訪れる客や周囲の人々に喜んでもらい、さらに収益が発生する場所を目指している。代表の鹿島美織さんは「食事を提供する側も、もてなされ食べる側も役割。役割を与えられると人は生き生きとする」と話す。

 現在はスタッフ10人が在籍する。震災以前にラーメン店を経営していた人や、スナックで働いていた人が、それぞれ得意なことを生かしながら、店舗で売り出すメニューや内装を話し合いで決めている。将来的には地元の人々だけで運営していくことを目指している。ツアー客も受け入れており、団体でも利用できる。

 メニューは、「日替わりランチ」(650円)、「まみちゃんラーメン」「きくこママのお弁当」(以上500円)、「和風冷やしラーメン」(700円)など。新メニューも順次開発していく。

 基本的な厨房器具がまだ不足していることもあり、本格的なオープンは6月中旬を予定している。プレオープン期間中の営業時間は11時~14時。

グローバルフォトニュース