天気予報

14

14

みん経トピックス

ラジオ石巻が開局20周年石巻で映画製作スクール

演劇企画集団LondonPANDAが県内ツアー 石巻公演も盛況に

演劇企画集団LondonPANDAが県内ツアー 石巻公演も盛況に

主演の菊池佳南さん

写真を拡大 地図を拡大

 演劇企画集団LondonPANDA(ロンドンパンダ)が5月27日、多目的ホール「第3ステージ」(石巻市中央3)で公演「やさしいと思わないで」を行った。

 同団体が7月8日から公演を予定している家族ドラマ・コメディー「生きてるくせに」のスピンオフ作品として企画されたもの。仙台市・栗原市・村田町・岩沼市・石巻市の5地域を県内ツアーと称して巡回した。

 岩沼市出身で東京を拠点に活動する女優、菊池佳南(きくちかなみ)さんによる一人芝居で、一人の女性が上京し、再び田舎へ戻るまでの経緯と、その家族にまつわる物語。7月本公演の予告編にもなっている。市内外から30人の観客が訪れ、終演後もにぎわいを見せた。

 菊池さんは終演後、「石巻は何度も通った第二の故郷。準備中から、どの会場よりも一番にぎやかでアットホームだったように思う。公演中もじっと見つめてくれたり、うなずいてくれたり、温かく見守られているような気持ちだった」と振り返る。

 主宰で、脚本・演出家の大河原準介さんは仙台市出身。2007年に同団体を立ち上げ、東京を拠点に演劇活動を行う。2015年にはロンドン留学を経て、翌年より地元仙台に活動の場を移した。「若手演出家コンクール2016」では優秀賞を受賞。今回は初となる県内ツアーの試みに、「県外から来ていただけるお客さまに、地元の魅力的な場所を知ってもらえる機会にもなった」と振り返る。「演者には、公演前に土地の空気を吸ってもらい、その街で育ったような気持ちをつくってもらった」とも。

次回公演「生きてるくせに」は7月8日・9日、エル・パーク仙台(仙台市青葉区)スタジオホールで上演を予定する。

グローバルフォトニュース