天気予報

27

23

みん経トピックス

シング・ストリート上映会旧観慶丸商店でドレスショー

石巻出身の彫刻家・ちばふみ枝さん、地元ギャラリーで企画展

石巻・ことぶき町通り「石巻のキワマリ荘」(宮城県石巻市中央2)1階にある「GALVANAIZE gallery」で現在、石巻市出身・在住の彫刻家ちばふみ枝さんが展覧会「Serendipity」を開催している。同施設が開館して初めての展覧会となる。

 ちばさんは木質チップを集成させたMDFと呼ばれる厚さ9ミリ~3センチほどのボードを彫刻刀で削り出して着彩し、「半立体」の形状を活かした彫刻作品を作る。作品には扉や窓、カーテンなどのモチーフを用い、「あちらとこちらの世界を分ける」ことで見る人の想像力をかき立てる。ちばさんは大学時代から東京で活動していたが、震災後石巻へ戻り、地元企業に勤務しながら作品制作に取り組んでいる。

 ちばさんは「GALVANAIZE galleryが開館して第1回目の展覧会は地元のアーティストにお願いしたいという話を頂き、この度開催することができた。展覧会タイトルである『Serendipity』は、今回の展覧会も含め自分の人生に起きたさまざまな偶然や幸運な出来事に感謝をしたいという意味もある」と話し、「今まで制作してきた作品に加え、今回の展示に向けて新しい作品も制作した。たくさんの人に足を運んで頂き、現代アートに触れるきっかけになってほしい」と呼び掛ける。

 石巻のキワマリ荘は、今夏開催の芸術祭「Reborn-Art Festival2017」参加アーティストである有馬かおるさんが石巻で活動しながら企画した多目的スペース。同展覧会では過去の作品も含め計8点の作品を同施設内1階ギャラリーに展示している。

 開館時間は11時~18時。月曜~木曜休館、12月29日~31日は臨時休館。入館無料。1月28日まで。

グローバルフォトニュース