天気予報

19

13

みん経トピックス

石巻に仮設住民らの交流拠点石巻に「復興マルシェ」

石巻の料亭「喜八櫓」が移転オープン-古民家改修し、北境で営業再開

  • 0
石巻の料亭「喜八櫓」が移転オープン-古民家改修し、北境で営業再開

「喜八櫓 きた道」店主の小野寺さん

写真を拡大 地図を拡大

 石巻の料亭「喜八櫓(きはちろう) きた道」(石巻市北境久保、TEL 0225-24-9869)が5月1日に移転・再開して約1カ月がたった。震災前まで同市中央2丁目の寿町通りで営業していたが、被災の影響で休業していた。元の店名は「喜八櫓」だったが、北境の古民家を改修し、店名も新たに営業を再開した。

 新店舗は、店主の小野寺さんらやボランティアたち自らの手で改修し、合掌造りの屋根など、古民家のもともとの構造を生かした造りになっている。農家の落ち着いた雰囲気の店内は、改修作業に参加したボランティアの名前が刻まれたテーブルなど、店主のこだわりにあふれている。

 ランチは、自慢の雪室手打ちそばがメーン。夜は、新鮮な魚介類の料理や、季節の野菜を使った天ぷらなどが色鮮やかに盛り付けられたメニューを提供する。コースメニュー注文の際は予約を入れるとスムーズという。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17時~21時(ラストオーダー)。月曜定休。

グローバルフォトニュース