天気予報

28

23

みん経トピックス

石巻失われた風景の復元模型くるりと「石巻復興節」合唱

台湾のアーティスト集団「新台湾壁画隊」、石巻で壁画制作

  • 0
台湾のアーティスト集団「新台湾壁画隊」、石巻で壁画制作

「まんぼう」仮事務所の外壁に描かれた新台湾壁画隊の作品

写真を拡大 地図を拡大

 石巻に8月12日から14日間、台湾のアーティスト集団「新台湾壁画隊」が訪れ、市内の商店街3カ所に壁画やチョークアートの作品を完成させた。今回の企画「春の約束」には26人のアーティスト、スタッフが台湾から参加した。

 同企画は、来年春に予定され、木造の仮設小屋を造り、その壁全てに壁画を創作するプロジェクト「白屋プロジェクト」のプレイベント。市内の「街づくり会社まんぼう」仮事務所(石巻市中央2)、中華料理店「南華園」(中央2)の壁面にそれぞれ台湾風のテイストを取り入れた高さ3メートルを超える絵を描いた。

 同チーム団長の陳正哲さんは「今回参加したアーティストたちはもともと激しい表現を作風としているが、石巻を訪れて街の雰囲気などを感じてより柔らかく、優しい表現の壁画になった。壁画隊は台湾の各地の集落などでまちづくりを行ってきたが、今回が初めての国外での実践。どのように台湾と違うか試してみたかった」と話す。

 「石巻側と信頼関係があったので事前の不安はなかった。完成した絵が予想したものよりずっと良かった」と同チームコーディネーターの蒋耀賢さん。「台湾と日本の元から親しい関係。震災から月日はたったが、『忘れていないよ』と伝えたい。来年の春も石巻に来る約束をしている。来年が本番なので石巻の人と一緒に頑張りたい」と陳さん。

 完成した壁画は各店の外壁に描かれているため、いつでも見ることができる。

グローバルフォトニュース